借入金は借金とも言いますが、その重要ポイントおさえてますか?

借入金は借金とも言いますが、その重要ポイントおさえてますか?

急にお金が必要になる、あるいは当然必要になるといったこともあるでしょう。借入金として金融機関や消費者金融、あるいはクレジット会社などからお金を借りる場合、必要なものを知っていますか? 最低限これだけは準備していきたいのが、印鑑・本人確認のできるもの(免許証・健康保険・パスポートなど)・収入が分かるもの(源泉徴収票・市町村発行の所得証明書)などです。

 

さて、必要書類は整いましたが、いったいどういう理由で借り入れするのか自身で説明できますか? その内容や金額によって、借りる機関が決まるといっても過言ではありません。借入金にかかる利子(利率)は安いに越したことはありませんが、1万円から10万円以内なら、銀行や金融系のカードローンが良いかもしれませんね。

 

今月だけ少し苦しいとか、お給料日には返済できる、そういった場合です。もちろん自分の収入に見合った金額、返済できる見通しが立っているということが前提です。お給料が振り込まれている金融機関なら、契約も返済もスムーズかも知れませんね。口座を持っているということが、すでに信用貸付できるという事なのですから。

 

問題は大きな金額を借りる場合です。例えば50万以上100万以内ですと、いろいろな業者の利率や評判、借入金の返済の査定などが重要になってきます。銀行やクレジット会社から借りるのか、アコム・プロミス・レイクなどの消費者金融から借りるのか、よく考える必要があります。どういう理由で、どのくらい借りたいのかよく考え、資料をよく吟味して借りる事をおすすめします。