借入金はけして無理をしない事が重要

借入金はけして無理をしない事が重要

お金を借りる場合は、銀行、信販会社、消費者金融から借りる場合がほとんどではないでしょうか。お金を借りる理由にもよりますが、住宅ローン、マイカーローン、教育ローン等の目的別ローンの場合は銀行でお金を借りる方が多いと思います。それは銀行の金利が一番安いから選んでいると思います。

 

目的別ローンの場合返済期間が長いものがほとんどですのでどうしても低金利でなければ総支払額は多くなってしまいますので、金利というのは借入金をするにあたり重要なポイントとなります。借入金はそれぞれ目的によって融資限度額が違っています。各銀行によってさまざまですが、だいたい住宅ローンは1億円、マイカーローンは500万円、教育ローンは1000万円程度の融資を受けることが可能となっています。

 

これらの融資額はあくまでも上限ですのでこの金額が全ての利用者に適用はしません。年収が高ければ高いほど限度額に近い融資額を受けることが可能ですが、年収が低い方はそれに見合った分の融資額となります。銀行によっては年収何百万以上の方のみ。という条件もありますので注意が必要となってきます。

 

これは、年収に対して高額な融資をしても返済が不可能になるのを防止する為と言えると思います。お金を借りる時は年収に見合った借入金となりますので、借入金の限度額は審査の時に確認しておくと返済計画も早めにたてることができるのではないでしょうか。お金の返済が毎月大変で日々の生活が苦しいという事態にならないように余裕をもてる借入金にしていたほうが安心できますので、借入金を多くするのは避けた方が無難なのです。